冷房病で夏はおブスになりやすいポイントまとめ

熱いと寝苦しく、クーラーを入れても冷えすぎて熟睡できないなど、便利なエアコンがあっても体調を崩しやすい夏。

元々女性は体が冷えやすく、そこに直接冷風が当たれば途端に自律神経が乱れて不調が次から次に出始めるんです。

頭痛、肩こり、食欲不振、倦怠感、疲労感、不眠、むくみなど、まるで夏バテしてるのと同じ。

熟睡できなければ疲労がリセットされず、胃腸の機能が低下するので食欲がなくなるのも当然。

冷麺しか喉を通ら無くなると栄養が取れずあらゆる代謝がダウン。

血行が悪いので、肌の調子が崩れドンドン悪い連鎖が続きます。

なので、自律神経を安定して保つことが大事ですが、温度差が激しいほど体に堪えてしまうので、自分の二の腕や太もも、お尻など筋肉があるのにヒヤッと冷たくなっていると危険なサイン。

クーラーの温度を上げるのが難しい場合は、冬のように着込むしか対策はありません。

保温する腹巻やレッグウォーマ、ストール、そして風を通さないカーディガンで冷えから完全ガード。

また、寝間着は薄手の長袖の方がクーラーを気にせず快適に眠れるようになりますよ。

https://www.hospitalpc.cz/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です